定年後のセカンドライフをチャレンジングに!

定年後も家に引きこもらないで、資格取得、仕事、趣味など、新しいことに挑戦しよう!

子どもの幸福度ランキング、日本は20位。(ユニセフ発表)

f:id:tanoken65:20200905164345j:plain

こんにちは。

 1.総合順位20位

9月3日、ユニセフから子どもの幸福度ランキングが発表され、日本の総合順位は、38か国中20位でした。

これについては、日経新聞が「日本の子「幸福度」最低水準」(9月4日付)と伝えたほか、マスコミ各社でも報道されました。

 

上位10か国は、次のとおりです。*1

子どもの幸福度ランキング

1位 オランダ

2位 デンマーク

3位 ノルウェー

4位 スイス

5位 フィンランド

6位 スペイン

7位 フランス

8位 ベルギー

9位 スロベニア

10位 スウェーデン

ランキングではいつもそうですが、北欧中心のヨーロッパ各国が上位にあります。

 子ども, 石鹸の泡, 子, 楽しい, 子供, 女の子, 喜び, 肖像画, 再生

上位10位までに入っていないG7、アジアの各国の順位は、次のとおりです。

14位 ドイツ

19位 イタリア

20位 日本

21位 韓国

27位 イギリス

30位 カナダ

32位 オーストラリア

35位 ニュージーランド

36位 アメリ

 

G7のうちでは、イギリス、カナダ、アメリカが日本よりも低位です。

また、オーストラリアとニュージーランドがかなりの下位にあるのは意外な感じがします。

 

この総合順位は、3つのカテゴリー「精神的幸福度」、「身体的幸福度」、「スキル」を合計したものです。

G7各国のカテゴリーごとの順位は、次のようになっています。

  総合順位
Overall ranking
精神的幸福度
Mental well-being
身体的幸福度
Physical health
スキル
Skills
フランス 7 7 18 5
ドイツ 14 16 10 21
イタリア 19 9 31 15
日本 20 37 1 27
イギリス 27 29 19 26
カナダ 30 31 30 18
アメリ 36 32 38 32


日本のランキングは、精神的幸福度においては最低水準、身体的幸福度ではトップという非常に極端な様相を示しているのが大きな特徴です。

 それでは、それぞれのカテゴリーごとにその内容を見てみます。

 兄弟, 家族, 兄弟姉妹, 少年たち, 愛, 一緒に, 2, ケア, 授乳

2.精神的幸福度

ここでの日本の順位は、38か国中37位ワースト2位でした。

これには、ちょっと驚いてしまいます。

上位の国は、次のようになっています。

1位 オランダ

2位 キプロス

3位 スペイン

4位 ルーマニア

5位 デンマーク

このカテゴリーで用いられる指標は、生活満足度が高い子どもの割合、自殺率です。

(1) 生活満足度が高い子どもの割合

ユニセフのホームページを見ますと、これは、生活に満足していると答えた子どもの割合で、対象は15歳のようです。

最も割合が高いのは、オランダ89.8%、調査対象国の平均75.7%で、日本62.2%でした。

他のランキングでもそうですが、わが国の一つの特徴は、大人も子どもも、主観的な評価がたいへん低いことです。

 (2) 自殺率

これは、15~19歳の若者の自殺率(10万人あたりの自殺者数、2013年~2015年の3年間の平均)です。

最上位は、ギリシャ1.4で、平均6.5日本7.5でした。

HUFFPOSTの生田綾氏の記事*2は、日本においては「全世代では減少傾向にあるが、10歳代の自殺死亡率はほぼ横ばいで推移している。」「15〜34歳の若い世代で死因の1位が自殺となっているのは、先進国では日本のみ。死亡率は他の国に比べても高い。」と指摘しています。

 サッカー, 中学生, 学校, 再生, スポーツ, 中間, マーク, センター

3.身体的幸福度

ここでの日本の順位は、38か国中1位でした。

日本以外の上位の国は、次のようになっています。

2位 ルクセンブルク

3位 スイス

4位 デンマーク

5位 スウェーデン

このカテゴリーで用いられる指標は、子どもの死亡率、過体重・肥満の子どもの割合です。

 

(1)子どもの死亡率

これは、5~14歳の子どもの死亡率(1,000人あたりの死亡数、2018年)です。

最上位は、ルクセンブルク0.4平均1.0日本0.7でした。

 

(2) 過体重・肥満の子どもの割合

これは、過体重または肥満である5~19歳の子どもと若者の割合(2016年)で、最上位は、日本14.4%で、平均28.9%でした。

兄弟姉妹, 弟, 妹, 子供, 女の子, 少年, 人, かわいい, 肖像画, 夏 

4.スキル

 ここでの日本の順位は、38か国中27位でした。

上位の国は、次のようになっています。

1位 ノルウェー

2位 スロベニア

3位 オランダ

4位 スペイン

5位 フランス

このカテゴリーで用いられる指標は、読解力・数学分野の学力、社会的スキルです。

(1) 読解力・数学分野の学力

これは、PISAテスト(OECDの学習到達度調査)の読解力・数学分野で基礎的習熟度に達している15歳の生徒の割合(2018年)です。

最上位は、オランダ89.8%平均75.7%日本62.2%でした。

 

(2) 社会的スキル

これは、「すぐに友達ができる」と答えた15歳の生徒の割合(2018年)です。

最上位は、ルーマニア82.7%平均75.5%日本69.1%でした。

子供, 女の子, 鉛筆, 描画, ノートブック, 研究, お友達と, 手 

5.【参考】前回(7年前)のランキングと子どもの貧困率

 (1) 日本は6位

前回のユニセフによる子どもの幸福度ランキングは、2013年に発表されています。

その時の日本の総合順位は、31か国中6位でした。

ただし、評価された分野及び指標が違いますので、今回とは比較はできません(一部は同じ指標も用いられています)

 

参考までに、上位5か国及びG7各国のランキングは、次のようになっています。*3

 

  総合順位 物質的な
豊かさ

健康と安全

教育

日生活上の
リスク

住居と環境
オランダ 1 2 5 2 3 4
フィンランド 2 1 3 5 10 6
アイスランド 3 4 1 10 5 5
ノルウェー 4 3 8 7 6 3
スウェーデン 5 5 2 12 2 9
日本 6 21 16 1 1 10
ドイツ 7 10 13 4 11 14
フランス 13 9 10 15 12 17
イギリス 17 12 17 25 23 11
イタリア 22 24 18 26 8 21
カナダ 23 18 28 16 21 16
アメリ 29 30 26 28 29 27

上位は、北欧諸国に完全に占められています。

これらの国々は、指標が異なっていても上位にランクされます。

子供, 少年, 女の子, 若いです, 罪のないです, かわいい, 笑顔, インド

 (2) 子どもの貧困率

子どもの貧困率に関するOECDのデータ*4を見ますと、貧困率の低い方からの上位5か国は、順にフィンランドデンマークアイスランドスロベニアノルウェーとなっております(日本は22位、OECD平均の子どもの貧困率よりわずかに高くなっています)。

 

子どもの幸福度の高い国と、子どもの貧困率の低い国とは、北欧を中心にほとんど重なっています。

これらの国々は、子どもにとって、住みやすい国と言えそうです(おそらくは大人にとっても)。

子供, 幸せ, グループ, お友達と, 兄弟, 笑顔, にこやか, 子供, 兄弟

子どもの幸福度は、国の政策において、何にもまして尊重されるべき事項ではないでしょうか。

ユニセフから、7年ぶりに発表されたばかりですが、間もなく発足しようとしているわが国の新政権においては、今回、あるいは前回の幸福度の評価指標をよく分析して、次回のランキングではトップ5を目指す 、という政策目標を掲げてもらいたいものです。

 

今回は、ユニセフから発表された子どもの幸福度ランキングについてお伝えしました。

 子供, 姉妹, かわいい, 楽しい, 女の子, 幸福, 幸せ, ハグ, 若いです

今日も、拙い文章をお読みいただきありがとうございました。

(2020.09.11)

*1:順位は、HUFFPOSTの9月3日付NEWS記事「日本の子ども、健康なのに「精神的な幸福度」はワースト2位。高い自殺率の問題、改めて浮き彫りに」(生田綾氏)掲載のユニセフ『レポートカード16』によります。

*2:脚注1

*3:ユニセフ イノチェンティ研究所・阿部彩・竹沢純子(2013)『イノチェンティレポートカード 11 先進国における子どもの幸福度―日本との比較 特別編集版』、公益財団法人 日本ユニセフ協会(東京)によります。

*4:Family database Child poverty-Child relative income poverty rate, 2016 or latest available year