定年後のセカンドライフをチャレンジングに!

定年後も家に引きこもらないで、資格取得、仕事、趣味など、新しいことに挑戦しよう!

社労士試験まで、あと、ちょうど1か月!

f:id:tanoken65:20200712084241j:plain

 

こんにちは。

今年の社労士試験まで、あと1か月になりました。

受験者の皆さん、よくここまで勉強を続けてこられました。

もう少しです。

体調管理に留意されて、もうひと踏ん張りしてください。

もうゴールテープは目の前です。

 

昨年、私が受験したときのことを思い出しながら、受験者の皆さんにエールを送りたいと思います。

1. ピークを試験日にもってくる。

このブログのカテゴリー「社労士試験」の中でも、何度も紹介しました、私が、受験勉強期間中、その都度、何度も目を通した五十嵐明彦著「社労士試験に最速で受かるための合格思考 勉強しない、だから受かる」税務経理協会)に、「試験日にピークを持ってくる」というところがあります。

 

体力も、気力も、学習の進み具合も、最高の状態で試験日を迎える。

これは、言われなくてもわかっていることですが、実際には、なかなか難しいかもしれません。

体調管理を第一にして、できるだけ試験日がピークになるように工夫してください。

 

私の場合は、このブログの合格体験記にも書きましたが、ピークが試験日よりも1か月早く来てしまった感じでした。

7月に受けた2つの模擬試験の結果は、いずれも選択式、択一式とも「A」評価でした。

この時期がピークだったように思います。

 結果的に、「ピーキングを間違えた」ようです。

 

私は、6月いっぱいで、定年後の仕事を辞め、7月からは受験勉強に専念したわけですが、8月に入ると、疲れとか、勉強に飽いたような感じが出てきました。

研究, 宿題, 教育, 勉強, 学校, 本, 学生, 学習, 学ぶ, デスク 

多くの皆さんは、仕事をしながらの受験で、勉強時間が足りないことが悩みの種だと思いますが、時間をやり繰りして勉強することで、生活のメリハリもあって、かえって集中できるなど、良い面もあるようです。

 

私は、1か月早く来てしまったピークをなんとか維持することに努めましたが、ちょっとしんどかったです。

 

これからは、健康面の管理が何といっても一番ですが、仕事、家庭での諸事についても、できる範囲でスケジューリングを工夫して、8月中はできるだけ、勉強に集中できる環境をつくってください。

ご家族の協力が大切です。

 読み取り, 研究, 読書, 勉強

2.最後の1か月でしたこと

まだ手元にある、毎日、勉強した事項をメモした「勉強日誌」から、最後の1か月間に私が行ったことを振り返ってみます。

  1.  受けた模試の振り返り(特に、全受験者の正答率が高い問題で、自分が正答できなかった問題)
  2. これまで何度も繰り返しやった問題集(私の場合は、クレアールの通信でしたので、「答練マスター」)を、全部ではなくて、誤答したことのある問題のみをもう一度確認する。
  3. コンパクトにまとめてあるテキスト(クレアール⇒「コンプリーションノート」「セルフチェックノート」)で、知識の定着度を確認する。
  4. 白書対策(WEB視聴) 数字の暗記なので直前にやったほうが効果的。
  5. 横断整理(目的条項など) 

私は、事前に、8月中の毎日やるべきことの計画と、実際に実施したことをメモして、管理しました。

やはり、勉強の状況の「見える化」は、いつも重要だし、効果的だと思います。

船旅, キャプテン, 船員, ラダー, 航海日誌, 肖像画, シンボル

 3.やってはいけないこと

 受験本や関連するブログなどにも、「この時期にやってはいけないことは、新しいテキストや問題集に手を出すこと」と書いてあると思いますが、私も同感です。

 

もう、これまで、あなたは十分学習を積んできていますので、これ以上、新しいテキストとか、問題集をやる必要はありません。

これまで取り組んできた問題集で、何度も間違ってしまうところをもう一度、確認しておくことの方が得点につながります。

 

いまさら、新しいことに手を出す時間的余裕はありません。

資格学校等の「直前講座」なども受けないでよいと思います。

 

100点満点を取る必要はありません。

確実に70点取ることに集中してください。

タンポポ, 牧草地, タンポポの草原, スプリング, 黄色, 夏, 花, 自然

4.さいごに、模擬試験で、C評価、D評価だった方へ

あきらめる必要はありません。

社労士試験は、要するに暗記試験です。

この1か月間で、グンと伸びることがあります。

 

私は、一昨年は、択一式の得点が2点足りず、不合格でした。

でも、その時の模擬試験の結果は、C評価とD評価でした。

模擬試験のあとの本試験までに、合格ラインに近づいたということです。

 

長い距離を走るマラソンでも、グランドに入ってからの、ゴール前のスピード競争で順位がひっくり返ることがよくありますから、前を行くランナーを、あなたが最後に追い抜くイメージで取り組んでください。

 

焦る必要はありません。

いつもと同じような気持ち(平常心)で、地味な勉強を、これまでやってきたように、コツコツと、ひたすら繰り返すこと。

 

皆さんのご健闘を祈ります。

 読み取り, 本, 公園, 学生, 小児期, 子供, 少年, 子ども, かわいい

今日も、拙い文章をお読みいただきありがとうございました。

(2020.07.23)